*

2014年6月

同年代の将棋仲間がほしい

誰しも1度は将棋を指したことや傍で観た事が有ると思う。しかし親父臭い趣味という理由で将棋を趣味にする若者は意外と少ないと思う。私がたまに顔を出す将棋道場も年配者ばかりで同年代の人が居ない。それでも同じ将棋好きの人々と集まって将棋を指し、勉強するのは楽しい。でもやっぱり同じ趣味を持った若者仲間がほしいものである。将棋は楽しい、頭を使うゲームだから勝つも負けるも己の実力、そこが楽しい。盤を挟んで交流し、勝負する。負ければ露骨に悔しがることもあるが、それでも同じ趣味な者同士は仲がいい。将棋ではライバルだけど共に将棋好き故嫌いにはなれないものである。 私はもっと若者に将棋を知ってほしい。未成年でお金を掛けるのが難しくても学校の将棋部に所属することもできるし、仲間同士でも見知らぬ相手とでもネットでは無料でさせる。だからもっと同年代に将棋好きが増えてほしい。ベルタ酵素ドリンク 販売店

いつのまにか

 子どもに携帯を持たせたのは小学1年生の時でした。学校から帰ってきて、遊びに行くときは必ず持たせていました。家の電話と、親の携帯にしか電話のできないガチガチに制限された状態でした。それでも「持たせるのは早すぎるだろうか」と悩んだほどでした。徐々に制限を解除していきましたが、中学3年生の今でもガラケーで、時間制限があり、TV機能はロックされ、ネットもつながらない状態です。 中学生でもスマホを持ち、アプリを堪能していると言うことをテレビでやっているのを見て、「早すぎたか」と悩んでいたことは遠い昔話となってしまいました。脱毛 キャンペーン 情報

フラッシュモブをやるために必要な事

何だかんだ言ってフラッシュモブをやるのに
一番必要になるのはお金です。

それがないと何も始まりません。
フラッシュモブプロポーズ費用を見て、
だいたいの値段に検討をつけておくことが大事なのかなと思いました。

予算に応じて、やれることをやるというのも
ひとつの選択肢かなと思いました。

プロポーズしたら、結婚とかもあるので、
その辺りの兼ね合いも考える必要がありそうです。
でも、できるだけ派手にやりたいとは思いますので工夫して考えたいです。

参照:putiya.com/wedding/set/wedd_2_r2_c6.png